薄毛というのはAGAなどのさまざまな原因で発症することがあります。そこが難しいことではあるのですが実は見直すべきポイントとしてシャンプーがあります。よく汚れを落とすから、泡立ちがよいから、という理由でシャンプーを選んでいたりしますと実はかなり刺激が強いものを使ってしまっている可能性があります。

 

若いうちは回復力も強いですから、よいこともありますが加齢と共に毛根も弱くなっていきますから、あまり強い刺激のシャンプーは避けたほうがよい場合があります。低刺激のシャンプーに変えることを考えてみるとよいです。特にいえるのが髪の毛が細くなってきたときです。

 

頭皮の血行が悪くなり、硬くなっていたりしている可能性が高いのですが強い洗浄力で洗い過ぎているので乾燥しすぎているという場合が多くあります。必ずこれが理由とはいえないのですが、薄毛で悩むようになってきたのであれば、これは検討してみるべき改善点といえますから覚えておきましょう。